厳しい催促

たぬきと真剣に向き合うブログ > 社会 > 厳しい催促

厳しい催促

2014年12月 8日(月曜日) テーマ:社会

特定調停による処理も任意整理による解決と変わりなくそれらの債権を有する者へ債務の返済を続けることを選択する債務の整理の手順なのです。

 

わかりやすくいうならば裁判所が行う負債の整理となります。

 

この方法も任意整理による解決とほぼ同じく、破産手続きとは違って一部分のお金のみを処理することになりますので、他に連帯保証人が関係している借入以外だけで手続きしたい際や自動車ローンの分を除いて手続きしていく場合などにおいてでも使用することも良いですし、全ての財産を放棄する必要がないため自動車や土地などの個人資産を所有しているものの、処分してしまいたくない場合にも有用な債務整理の手続きといえるでしょう。

 

ただし、これからの返済金額と実際の給与等の収入を検討しおおむね返済の目処が立てられるようならこの特定調停による処理を進めることは可能ですが、破産のように負債そのものが消えるということではありませんのでお金の総額がかなりになる状況では実際問題として手続きを進めることは難しくなると考えるのが無難でしょう。

 

この特定調停は公的機関が解決に当たりますので司法書士事務所などに依頼しなくてもリスクが増える心配はないことや、解決のための諸経費を低くおさえられるという良いところは魅力的ですが、貸し手のきびしい催促に債務者自らが説明しなければならないことや、実際の裁判所に幾度も顔を出す手間がかかるというような注意が必要な点もあります。

 

さらに、任意による整理との比較点ですが最終的に解決が得られない際には年利を全部付けた金額で返していかないといけないといった点や最終的には貸し手に対し支払っていくお金が任意整理による解決の場合と比較して割増しになることがあるといった注意が必要な点もあります。

 



関連記事

高い借入金利のところ

高い借入金利のところ

2014年12月12日(金曜日)

厳しい催促

厳しい催促

2014年12月 8日(月曜日)

テスト

テスト

2014年9月23日(火曜日)